キャッシングの審査基準とは?

キャッシングをする場合には審査があってその審査に通らないとお金を借りることができません。
審査には一定の基準がありますが、各金融機関で独自に決めています。

 

この審査に通るためには、まず、申し込み条件をよく確認してください。
たいていは主婦の方もキャッシングができますが、専業主婦はできない場合が多いです
また、学生や年金収入のみの方は申し込める場合と申し込めない場合があるので、やはり事前に確認してください。

 

審査は、最初に仮審査があり、仮審査に通ると本人確認書類を送り本審査となります。本審査の際に在籍確認や本人への電話連絡があります。問題が無ければ契約手続きに進み借入ができます。審査のポイントは幾つかありますが、主なものは年齢、年収、職業、勤務先、雇用形態、勤続年数、住居、今までの借入状況等です。

 

年齢は特に大きな問題になりませんが、20代〜30代が借りやすいという場合もあります。逆に管理年齢が高くなってから初めてキャッシングをする場合は審査に通りにくいかもしれません。また、職業は安定した収入が得られる職業で雇用形態は正社員が最も有利です。ですが、安定した収入があれば、パートやアルバイトの方でも審査に通る可能性はあります。特に勤続年数が長ければ審査には有利になります。それから、住まいは持ち家ならポイントが高くなります。賃貸の場合は居住年数が長ければ有利です。電話は携帯電話だけよりも固定電話があった方が、評価が良くなりますし、独身の方は一人ぐらしよりも家族と一緒に住んでいた方が有利です。

 

今までの借入状況は、信用情報機関に登録されているので、金融機関は自分が会員となっている信用情報機関に問い合わせて借入申込者の信用情報を確認します。債務整理や延滞の記録が残っていると審査に通るのは難しくなります。また、申し込みの記録も半年ほど残りますので、短期間に次々と申し込みをすると審査に通らなくなりますので注意してください。